ここから本文です

【日々気まぐレポ】第198回 「ドライブヘッド」にサポートビークル登場!第1弾「ソニックジェット」でシンクロ合体を楽しもう

インサイド 5/11(木) 21:00配信

インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきがお届けする週間連載「日々気まぐレポ」、第198回目でございます。

【関連画像】

今回は、タカラトミーより発売中の「トミカ ハイパーレスキュー ドライブヘッド シンクロ合体シリーズ ソニックジェット」をご紹介します。こちらは、「トミカ ハイパーレスキュー」シリーズで発売中のサポートビークル「ソニックジェット」を、TVアニメ「トミカ ハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」版のカラーにリデコしたアイテムとなっています。



「ソニックジェット」は、その名の通り「ドライブヘッド 01 ソニックインターセプター」をサポートするために作られたメカで、現場にいち早く駆けつけるためのジェット機型のサポートビークルという設定です。

本体は基本的に塗装済み。機体各部のマーキングはシールで再現されており組み立てる際に貼る必要があります。シールは紙製で予備がありませんので、説明書をよく見つつ、間違えないように気をつけましょう。

構成は機首をベースに、機体後部を形成するブースター×2、武器パイロンを兼ねる主翼の全4ブロック構成。主なギミックとして、車輪による転がし走行が可能なほか、機体後部のベクタードスラストエンジン(っぽいパーツ)の角度をある程度自由に変更することができます。



そしてお待ちかねのシンクロ合体!システムは至ってシンプルな換装式で、ソニックインターセプターの脚部をソニックジェットの機体後部に、ソニックワッパーステイをウイングユニットに組み替えれば合体完了です。

この状態のソニックインターセプターは「ジェットバーニアン」と呼ばれ、ドライブヘッドをウォーカービークルフォームのまま高速飛行させることが可能な特殊形態となっています。基本的にはソニックインターセプターとの合体が想定されていますが、規格的に共通であるレスキューバックドラフト、ホワイトホープとも問題なく合体を行うことができます。



ドライブヘッド側から取り外したパーツはソニックジェットのベースに合体させることも可能で、これで一個のサポートビークルとして完成させることも可能です。

主翼パイロンに懸架されている多目的四連銃と短銃はそのままドライブヘッドの手に持たせることも可能。さらに2つの銃を連結させて合体銃として装備させることもできます。



ソニックインターセプターは警察ロボということで、素の状態でもリボルバー式拳銃が射撃武装として与えられていましたが、やはりライフルっぽい長物があると一段と映える印象ですね。

ついにTVアニメ劇中でも登場したソニックインターセプタージェットバーニアン。是非TVアニメを見ながら、お手持ちのドライブヘッドでもシンクロ合体を楽しんでみてください。オススメです!

「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド シンクロ合体シリーズ サポートビークル 01 ソニックジェット」は発売中。価格は2,376円(税込)です。

(C)TOMY/ドライブヘッド・TBS

■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメ、おもちゃが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり遅い方。2012年からINSIDEにてライター活動を開始。お仕事はTwitterと個人サイトにて随時受付中。

Twitter:@hibiki_magurepo
個人サイト:日々気まぐれ屋(http://ogsaga2.rosx.net/)

最終更新:5/11(木) 21:00

インサイド