ここから本文です

〔東京外為〕ドル、114円台前半=利食いや実需の売りで値を削る(11日正午)

時事通信 5/11(木) 12:30配信

 11日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、利食いや実需の売りで値を削り、1ドル=114円台前半で推移している。正午現在は、114円16~16銭と前日(午後5時、113円89~90銭)比27銭のドル高・円安。
 東京時間の早朝は、前日の海外市場で買われた流れを引き継ぎ、114円20~30銭台で推移した。その後は、日経平均株価の上げ幅縮小や米長期金利の低下などに圧迫され、114円10銭前後へ軟化した。
 ドル円は「利益確定や輸出企業の売りが出た」(外為仲介業者)ことで頭が重くなったが、下げた場面では「押し目買いが入るため、下値も堅い」(大手邦銀)とされている。午後は「次の材料を待ちながら、株価や米金利の動向を眺めた動きになる」(FX会社)と見込まれる。
 ユーロ円はもみ合い。ユーロドルは朝方に比べ上伸。正午現在、1ユーロ=124円17~18銭(前日午後5時、124円04~05銭)、対ドルでは1.0877~0877ドル(1.0891~0891ドル)。

最終更新:5/11(木) 14:27

時事通信