ここから本文です

母親目線で富士の魅力発信 「ママ部!!」活動スタート

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/11(木) 8:46配信

 子育て中の母親目線で富士市の魅力を発信する「ママ部!!」(市主催)の第1回ワークショップが10日、同市の鷹岡まちづくりセンターで開かれた。10月までの6回の活動でインターネットの会員制交流サイト(SNS)の活用法や写真の撮り方、記事執筆などの技術を習得するとともに母親同士の交流も深める。

 市が展開している「ブランドメッセージ大作戦」の一環。町を愛する気持ちを育むことで、地域活動やまちづくりに参画する市民を増やす狙い。乳幼児を持つ主婦ら9人が参加し、毎回、プロの写真家や地域情報誌編集者らを講師に招く。

 今回は富士市の好きな場所や魅力を思い思いに書き出し、参加者同士で紹介し合った。「新幹線駅があるので気軽に旅行しやすく、子どもと新幹線を眺めて楽しむこともできる」「家族で遊べる広い公園がたくさん」と、子育てママならではの声も。市内のウェブデザイナー佐々木恵さん(38)の指導で早速、フェイスブックに町の自慢を投稿して楽しんだ。

 市シティプロモーション課は「ママたちは、行政では気付かない魅力を掘り起こしてくれる貴重な存在。市内外にどんどん発信してもらえれば」と期待を込めた。

静岡新聞社

最終更新:5/11(木) 12:35

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS