ここから本文です

【ヴィクトリアM】クイーンズリング“逆襲”リハ 吉村師「理想的でいい感じ」

デイリースポーツ 5/11(木) 6:04配信

 「ヴィクトリアマイル・G1」(14日、東京)

 阪神牝馬Sで15着に敗れ、“逆襲”という言葉を使わなければならなくなったクイーンズリングだが、反転攻勢に必要なエネルギーは十分に残っている。10日、栗東坂路を滑らかなアクションで駆け上がり、刻んだタイムは4F53秒2-38秒5-12秒3。蹄跡にぶれはなく、バランスもいい。「1週前に負荷をかけているので、今週はある程度セーブ気味に。時計も理想的でいい感じ」と吉村師が満足げに振り返った。

 まさかの結末だった前走を、M・デムーロは「以前は馬場が悪くても頑張ってくれていたのですが、やめてしまうようなところがありました。それに落鉄(右前)もしていたので、何回もつまずいていましたから」とひもとく。一つではなく、二つの要因が重なっての敗戦だったのは確かだろう。師は「東京の1600メートルに対応できない馬ではないと思っています」と巻き返しに意欲満々。前年(8着)、そして前走のリベンジへ。府中の長い直線で女王が再び輝きを放つ。

最終更新:5/11(木) 8:53

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ