ここから本文です

川越にホットサンド専門店 緑色のキッチンカーが目印 /埼玉

みんなの経済新聞ネットワーク 5/11(木) 12:30配信

 川越市連雀町に4月27日、オープンスタイルのホットサンド専門店「La Foire(ラフォアー)」がオープンした。(川越経済新聞)

 もともと駐車場だったスペースを活用し、シトロエンを改造した緑色のキッチンカーが目印の同店。

 現在、人気観光スポットの蓮馨寺が近くにあることから、街を歩き疲れた観光客が立ち寄って作りたてのホットサンドをほおばる姿でにぎわいを見せている。

 メニューは、厚切りハム&チーズ(500円)、クワトロフォルマッジョ(600円)、直送で届いたサーロイン牛の贅沢ステーキサンド(700円)など。テークアウトにも対応する。

 店長の諸井敬介さんは「犬や鳥などペットを連れた人も一緒に楽しめる店作りを目指した。おもてなしを重んじる川越人気質を受け継ぎ、居心地のよい空間作りを心掛けている」と話す。

 「地元の方も観光客にも、居心地の良い空間で一息ついて憩いの時間を過ごしてほしい。これからの時期は爽やかな風を感じながら、よりおいしく食事が楽しめる。季節の野菜や世界各国を模した、ここでしか味わえないホットサンドを味わってほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~18時。第1・3火曜、水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/11(木) 12:30

みんなの経済新聞ネットワーク