ここから本文です

ヤクルト・山中の「愛してまーす」いつ聞ける?

5/11(木) 17:02配信

東スポWeb

<広島8-7ヤクルト(10日)>ヤクルトのサブマリン・山中浩史(31)がなかなか白星に恵まれない。10日の広島戦(神宮)に先発し、5回を投げて5失点。降板直後にバレンティンの3ランで試合がひっくり返ったため勝利投手の権利を得たが、7回にルーキが鈴木に逆転弾を浴びて再び今季初勝利が遠のいた。

 しかし、開幕からここまで調子が悪かったわけではない。この日の5失点で防御率は3・55となったが、登板前までは同2・73でリーグ9位と、先発ローテーションの中ではブキャナン、小川に次ぐ安定感を誇っていた。

 白星に恵まれなくてもモチベーションを維持してこれたのには理由があった。山中は今年から主催試合での登場曲に、新日本プロレス・棚橋弘至の入場テーマ「HIGH ENERGY」を採用。母校である熊本・必由館高の恩師の勧めだそうで「中学時代から新日本を見ていた。特に武藤敬司のファン」という大のプロレスファンである山中も気に入っている。

 プロレスには何かと縁があり、ドラゴンゲートの堀口元気は高校の先輩で何度か食事もともにした。そんな山中がひそかに計画しているのが、ヒーローインタビュー時のパフォーマンス。棚橋よろしく「愛してまーす」でファンを沸かそうというものだ。

 山中は「使うのにも、やっぱり(棚橋の)公認がいるでしょう?」と心配しつつも、その日が来るのを待っている。

最終更新:5/11(木) 18:38
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ