ここから本文です

3000人、日ごろの成果発表 静岡市民文化祭開幕

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/11(木) 9:24配信

 静岡市民文化祭(市主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が10日、葵区の市役所市民ギャラリーで花展と写真展を皮切りに開幕した。6月25日までの祭典期間中、市内6会場で、18団体約3千人が日ごろの活動の成果を披露する。

 中島一彦市観光交流文化局長と井上恒弥市議会議長ら5人が市役所静岡庁舎でテープカットを行い、開幕を祝った。市民文化祭を企画運営する市文化協会の是永尚志会長は「一人でも多くの市民を巻き込み、文化の大切さを広げよう」と呼び掛けた。

 花展には、静岡花協会の会員や愛好家が丹精込めて育てたバラの鉢植えや山野草など220点が並ぶ。写真展では、秋祭りに臨む子どもらを活写した竹久忠吾さん(葵区)の市長賞受賞作品など160点を紹介している。花展、写真展ともに14日まで。

 このほか、市内の各会場で書道、美術、華道などの作品展示や、管弦楽、日本舞踊、詩舞・詩吟などのステージ発表を順次行う。

 問い合わせは市文化協会<電054(204)8811>へ。

静岡新聞社

最終更新:5/11(木) 9:24

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS