ここから本文です

ラグビー=日本はアイルランドなどと同組、2019年W杯

ロイター 5/11(木) 9:50配信

[京都 10日 ロイター] - ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の組み合わせ抽選会が10日、京都迎賓館で行われ、世界ランク11位の日本は同4位のアイルランド、同5位のスコットランド、欧州予選勝者、欧州・オセアニア・プレーオフ勝者と同じ1次リーグA組で戦うことが決まった。

日本のジェイミー・ジョセフ監督は会見で、「どの組に入っても大きな挑戦になるが、これでプランづくりをスタートできる。非常に楽しみ」とコメントした。日本は6月にアイルランドとのテストマッチを2回行う予定。

2015年大会で日本を率いたエディー・ジョーンズ氏が指揮官を務めるイングランドは、1次リーグC組でフランス、アルゼンチン、アメリカ地区予選勝者、オセアニア地区予選2位チームと戦うことになった。

3連覇をめざすニュージーランドは1次リーグB組で、南アフリカ、イタリア、アフリカ地区予選勝者、敗者復活予選優勝チームが入った。

前回準優勝のオーストラリアは1次リーグD組で、ウェールズ、ジョージア、オセアニア地区予選勝者、アメリカ地区予選2位チームと同組。

同大会は2019年9月20日に開幕する。

最終更新:5/11(木) 9:50

ロイター