ここから本文です

「尼崎の森野外ダンス」今年も 夏空の下、レゲエで踊る一日 /兵庫

みんなの経済新聞ネットワーク 5/11(木) 13:00配信

 尼崎の森中央緑地(尼崎市扇町、TEL 06-6412-1900)で5月21日、「尼崎の森野外ダンス」が開催される。(尼崎経済新聞)

踊ったり寝そべったり、思い思いに楽しむ参加者たち

 伊丹や尼崎のレゲエアーティストやダンサーらが中心となり、地域に根付いたレゲエイベントを目指し2014年にスタートした同イベント。臨海部の広大な緑地を会場に5月から8月にかけて月に1回行われ、親子連れや学生、ダンサーなど、幅広い層の参加者でにぎわう。

 出演サウンド(音楽を提供するDJグループ)は、尼崎を拠点に国内外で活躍するEMPERORをはじめ、AIR KING、FLASH LIGHT、FREE RUN、VINYL CREATOR CREWのほか、毎回ゲストも迎える。野外イベント用の特殊な音響システム「サウンドシステム」は主催メンバーらが自ら設計・製作したものを使う。

 主催メンバーでサウンドシステムエンジニアの池田健一さんは「尼崎の森はとてもいいロケーション。サウンドシステムはレゲエイベントの醍醐味(だいごみ)なので、体感しに来てもらえたら」と話す。「参加者から毎回いい感じの写真がSNSに投稿されている。今年はその中からフライヤーに使う作品を選びたいので、ハッシュタグ#AMANOMORIをつけて投稿してほしい」とも。

 当日は、「パイナワーフ」など地元飲食店がフードやドリンクのブースを出店する予定。

 開催日は5月21日、6月4日、7月23日、8月20日。開催時間は13時~20時。入場無料。無料駐車場あり。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/11(木) 13:00

みんなの経済新聞ネットワーク