ここから本文です

ソフトバンク夏モデルに「DIGNO G」、スマホビギナー向け機能に耐衝撃

Impress Watch 5/11(木) 10:52配信

 ソフトバンクは、7月上旬以降、京セラ製のAndroid 7.1スマートフォン「DIGNO G」を発売する。初めてスマートフォンに触れるユーザーに向けた機能を搭載し、耐衝撃性能を備える。

【この記事に関する別の画像を見る】

 耐衝撃性能は、米国国防総省の納入基準、いわゆるMILスペック(MIL-STD-810G)に準拠。防水防塵(IPX5/7、IPX5X)もサポートする。

 初めてスマートフォンに触れるユーザーにとっても扱いやすいよう、従来の携帯電話のように使える「かんたんビギナーホーム」や、文字入力も従来型の携帯電話のようなデザインにできる「ケータイ入力」を搭載。アドレス帳もコピーしやすいよう赤外線通信機能を備える。また同じ人から電話がかかってきた場合、徐々に着信音が大きくなる機能など、使いやすさにも配慮した。

 大きさは約72×143×10.6mm、重さは約142g。下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbpsに対応。約5インチ、1280×720ドットのTFT液晶ディスプレイ、約1300万画素のメインカメラ、約200万画素のインカメラを搭載。チップセットはクアルコム製のMSM8917(クアッドコアCPU、1.4GHz×4)、メモリは2GB、ストレージは16GB。バッテリーは2300mAh、Bluetooth 4.2、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)に対応する。ボディカラーはホワイト、ブラック、レッド。

ケータイ Watch,関口 聖

最終更新:5/11(木) 10:52

Impress Watch