ここから本文です

サッカー=レアルが連覇へ前進、欧州CL決勝はユベントスと

ロイター 5/11(木) 9:54配信

[マドリード 10日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグは10日、準決勝の1試合を行い、レアル・マドリードがアトレチコ・マドリード(ともにスペイン)に敵地で1─2と敗れたものの、2戦合計4─2で2年連続の決勝進出を果たした。

ホームでの第1戦で3─0と勝利していたレアルは、アントワーヌ・グリーズマンのPKなどで、前半16分までに2失点。だが、同42分にイスコが貴重なアウェイゴールを奪って勝負を決めた。

史上初の連覇を目指すレアルは、6月3日のカーディフでの決勝でユベントス(イタリア)と対戦する。現役時代に在籍した古巣とのファイナルに向け、レアルのジネディーヌ・ジダン監督は「特別な対戦だ」と意気込んだ。

一方、この日が本拠地ビセンテ・カルデロンでのCLラストゲームだったアトレチコのディエゴ・シメオネ監督は、「最初の20分間は永遠に記憶に残るだろう」とチームを称賛。選手たちを誇りにすべきと述べた。

最終更新:5/11(木) 9:54

ロイター