ここから本文です

播磨高女子サッカー部、播磨国総社で必勝祈願 兵庫

産経新聞 5/11(木) 7:55配信

 4月に創部されたばかりの兵庫県播磨高校(姫路市豊沢町)の女子サッカー部員が、播磨国総社(同市総社本町)で、14日の公式戦初ゲームを前に必勝祈願を行った。鶴岡裕子監督は「フレッシュさを前面に出して戦いたい」と初陣への抱負を語った。

 部員は1年生16人。同総社での必勝祈願には、吉岡こころ主将と今西夏菜副主将が参加。14日に迫った県高校総体での勝利を祈願した。吉岡主将は「全力で自分たちのプレーをして勝利を狙いたい」と話した。

 同校は昨年7月、同市拠点の女子サッカーなでしこリーグ2部のASハリマアルビオンと選手育成の協定を締結。ASハリマの下部組織として日本サッカー協会に登録されており、高校生でもスキルの高い選手であれば、なでしこリーグ公式戦に出場できる道が開かれているという。

最終更新:5/11(木) 7:55

産経新聞