ここから本文です

「星のドラゴンクエスト」新TVCMに元サッカー日本代表選手のラモス瑠偉さんらが登場!

Impress Watch 5/11(木) 11:09配信

 スクウェア・エニックスは、現在配信中のAndroid/iOS用RPG「星のドラゴンクエスト」において、元サッカー日本代表選手のラモス瑠偉さん、北澤豪さん、前園真聖さん、小野伸二さんを起用した新TVCMを5月13日より全国でオンエアする。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回、ゲーム内イベント「星ドラ ギガ感謝祭」を伝える2種類のTVCM「序曲大合唱」篇と「歓喜の瞬間」篇の2種類のテレビCMが制作された。

 「序曲大合唱」篇は、国際的なサッカー大会が開催されるスタジアムの観客席が再現され、「ドラゴンクエスト」の代名詞ともいえる楽曲「序曲」を全員で大合唱。スタジアムに湧き起こる熱気と期待感が表現された映像となっている。また、「歓喜の瞬間」篇は、優勝トロフィーのように宝箱を掲げ、歓喜する瞬間を映し出した映像で、「星ドラ ギガ感謝祭」の楽しさ、喜びが表現されたCMとなっている。

 ほかにも、今回のCMメイキング映像や、出演者から語られたCMの見どころや撮影秘話などのインタビューも公開された。

■TVCM「序曲大合唱」篇【「星のドラゴンクエスト」TVCM  序曲大合唱篇】

 「序曲大合唱」篇では、「星ドラ ギガ感謝祭」の祝祭感あふれるスタジアムで、「ドラゴンクエスト」の勇者の衣装に身を包んだ4人が胸に手を当て「序曲」を歌うシーンが映しだされる。カメラがトラックバックすると、そこには無数の観客が。荘厳な雰囲気の大合唱から一転、スタジアムが大興奮に包まれる様子が描かれている。

■TVCM「歓喜の瞬間」篇【「星のドラゴンクエスト」TVCM  歓喜の瞬間篇(1)】

 「歓喜の瞬間」篇では、国際的なサッカー大会で優勝した瞬間を思わせる、歓喜に満ちた表情の選手たちが描かれている。優勝トロフィーのように、宝箱を掲げた北澤さんの元に3人が駆け寄り、「星ドラ ギガ感謝祭」の楽しさ、喜びが表現されている。

■「星のドラゴンクエスト」TVCMメイキング “世田谷の奇跡”

 往年のサッカー選手たちのCM撮影現場のメイキング映像。撮影現場は、とても賑やかで、はしゃぎ過ぎた選手にイエローカードが出るなど、ハプニングや小技連発の面白動画に仕上がっている。

 解説は、北澤豪さんが行なっているなど、サッカーファンならずとも必見の映像となっている。

【「星のドラゴンクエスト」TVCMメイキング「世田谷の奇跡」】■出演者インタビューの紹介

CMの撮影を終えて、いかがでしたか。
ラモス:「この仲間たちと一緒にやれて、楽しかったです」。

北澤:「人がたくさんいて、迫力があって、みんなで歌うことはあまりないので気分がよかったです」。

小野:「サッカー以外で、こういう格好で撮影することはないので楽しかったです」。

前園:「サッカーの先輩と後輩で、ユニフォームでない衣装で撮影するのは初めてなので、非常に楽しくできました」。

衣装を着た感想は?
ラモス:「見た通り違和感あると思うけど、楽しかった」。

北澤:「1番似合っているのはラモスさん。あとは(兜を)かぶってても前園ってわかるね」。

勇者というキャラクター設定をどう思いますか?

北澤:「勇者の衣装を着てこういう役をやらせていただく機会はないですから(気分が)アガります。変身した気分です」。

CMの見どころを教えてください。
ラモス:「サッカー選手が集まってやっていること。4人が仲間意識を高めてやっている。チームワークを改めて思い出させてもらった」。

前園:「サッカーのメンバーで集まっていながら、サッカーゲームではないところでしょう」。

北澤:「ドラクエにサッカーバージョンが出たの? って思われそう(笑)」。

CMはスタジアムを再現したセットですが、皆さんはどのサッカーの試合を思い出しますか?

ラモス:「ドーハを思い出します。Jリーグの開幕も」。

北澤:「初めてピッチに立って、君が代を歌うときの緊張感と責任感を思い出します。日本代表としてどう振舞っていいかわからないけれど歌った。それでも非常に勇気が湧いてきた」。

小野:「高校を卒業してすぐくらいに、初めて日本代表として出た雨の日韓戦です。ベンチスタートでしたが、外から見ていても代表っていいなぁと思いました」。

前園:「いちばん最初に代表に入ったとき。20歳くらいで、先輩方と一緒にやったのを強烈に覚えています」。

4人が同時に日本代表になったことはありませんが、お互いをどう思っていますか?

小野:「ボクは小さい時からラモスさんが大好きでした。プロに入って国立(競技場)でラモスさんと試合したことが思い出に残っています」。

ラモス:「日本に天才がいるとしたら、それは小野伸二。前園を見た時も、日本にこんな選手がいるのか、と思った」。

前園:「ボクは代表としてはキーちゃん(北澤)としかやったことがない。伸二は現役だけど、引退してもこうして仲間として仕事できたり、サッカーしたりできるのが嬉しい」。

日本代表として一緒にプレイしたかった、そんなメンバーでゲームを楽しんだ感想を聞かせてください。

ラモス:「楽しかったよ。(ゲームは)得意じゃないと思っていたけど、自分がいちばんだった(活躍していた)。チームワークが重要だということを、あらためてこのゲームに思い出させてもらった」。

前園:「ラモスさんは美味しいところ持っていきましたね(笑)」。

小野:「いいバランスでみんなが助け合いながらできました。ボクはドラクエをやっていたので、回復させるなどアドバイスをしたりしました」。

北澤:「小野が中心だったね。一応、リーダーはラモスさんだけど(笑)」。

それぞれをドラゴンクエストの職業に例えると?

ラモス:「僧侶ですね」。

北澤:「海賊になりたいなという願望はあるよ。でも踊り子にしておいてください。サッカーだと戦士みたいなタイプですね」。

小野:「(満場一致で魔法使いという指摘)前で戦う方じゃないんで。上手く皆でやってもらって」。

前園:「(遊び人がないと指摘され)関係ないでしょ! サッカーでは前行くので武闘家かな」。

CMをご覧になる皆さんにメッセージをお願いします。

小野:「サッカーとは別の企画でこうして素晴らしい先輩方とやっている風景は貴重で、ゲームに興味をもってもらえるCMになっているので楽しみにしていてください」。

前園:「4人のサッカー選手がサッカー以外のゲームで一喜一憂している雰囲気、楽しさ、爆発する感情を感じてほしいです」。

北澤:「ギャップを感じる部分があるかもしれないけど、サッカーをやってきた我々が勇者として参加し、歌っているCMを見て、モチベーションを上げてゲームにチャレンジしてください」。

ラモス:「ピッチの中で戦って結果を出してきた4人だから、ゲームの中でもどんな相手でも倒せる。面白いから、ぜひ見てください」。

■CMの見どころと撮影秘話を紹介□元サッカー日本代表選手も、歌には緊張?!

 サポーターと共に勇ましく大合唱するシーンの撮影で4人は、サポーターの声に後押しされ、高いテンションで歌い切りスムーズに撮影は完了。

 しかし、その後に待っていたのは4人それぞれのソロパート収録。それも数百人に見守られるなかで行なわれた。

 さすがの元サッカー日本代表選手も緊張の色が隠せないのか、ドキドキしながらマイクの前に登場。トリを務めたラモスさんは、監督のOKが出ると得意な「レイニーブルー」まで披露し、スタジオを盛り上げてくれた。

□撮影の待ち時間にはサッカーをエンジョイ

 カメラのセット転換など、空き時間の合間は、やはりサッカーを楽しんでいた4人。最初は、ラモスさんがひとりでポンポンとリフティングしていたが、そこに小野さんが加わり、最後は4人全員が参加して、トレーニングさながらのハードなゲームにまで発展。

 ただし遊びといっても、全員が元日本代表選手ということもあり、レベルの高さは段違い。「これほど豪華なシーンはなかなか見られない」と、スタジオにいた多くの関係者を驚かせた。

□「星のドラゴンクエスト」を4人でプレイして、いちばんハマった人は?

 休憩中、4人は控室で「星のドラゴンクエスト」をプレイ。幼い頃から「ドラゴンクエスト」に慣れ親しんできた小野さんが司令塔となり、「ベホイミ持ってます?」など的確な指示を出して敵を撃破。

 「オレはスタンプだけ」と、ジョークまじりに戦う北澤さんは熱血派、言葉の少ない前園さんは冷静にと、それぞれ個性を発揮しながらゲームを堪能。

 でも実はいちばんハマっていたのは、ゲームが苦手と言っていたラモスさん。見事な攻撃でチームをピンチから救い「チームワークで力を合わせていこう!」とリーダーシップを発揮していた。

©2015-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
©SUGIYAMA KOBO

GAME Watch,宮本章弘(クラフル)

最終更新:5/11(木) 11:09

Impress Watch