ここから本文です

水力発電のジオラマがお目見え=長野県〔地域〕

時事通信 5/11(木) 10:43配信

 長野県庁を訪れる小学生らに水力発電の仕組みを理解してもらおうと、企業局の執務室内にジオラマ模型がお目見えした。降雨でダムの水位が上昇して鉄管に水が流れ、水車発電機が回って町に明かりがともったり、電車の模型が動いたりする。

 ジオラマには手回し発電機が取り付けられており、回転数を上げれば電車が速く動くといった発電体験もできる。2010年に職員が手作りしたジオラマでは、発電の仕組みが分かりづらかったため、業者に委託して精巧なものを製作したという。 

最終更新:5/11(木) 11:49

時事通信