ここから本文です

クライアントサイド暗号化ツール「Cryptomator」を統合した「Cyberduck」v6.0が公開

Impress Watch 5/11(木) 11:20配信

 Windows/Macをサポートする多機能FTPクライアントソフト「Cyberduck」v6.0.0が、9日(グリニッジ標準時)に公開された。寄付歓迎のフリーソフトで、現在本ソフトの公式サイトからダウンロード可能。Windows版は、Windows 7以降をサポート。“Microsoft ストア”から購入することもできる(14日間の試用が可能)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「Cyberduck」は、オープンソースで開発されているFTPクライアント。もともとはMacで人気を得たソフトで、v4.0からはWindowsもサポートされている。SFTPやWebDAVといったプロトコルをサポートするほか、“Amazon S3”や“Google Cloud Storage”などのクラウドストレージサービスを幅広くサポートするのが特徴だ。

 メジャーバージョンアップとなるv6.0の目玉は、クライアントサイド暗号化ツール「Cryptomator」がサポートされたこと。

 「Cryptomator」は、クラウドストレージへファイルをアップロードする際に内容と名前をローカルで暗号化する。そのため、万が一“Dropbox”や“Google Drive”のアカウントが乗っ取られても、ファイルの内容を読み取られることがない。ディレクトリ構造も難読化されるため、どんなデータが保存されていたのかを推測することすら困難だ。オープンソースプロジェクトであるため、バックドアや悪用可能な脆弱性の隠匿を心配する必要もない。

 「Cyberduck」v6.0では、この「Cryptomator」の“Vault(保管庫)”を手軽に作成可能。“Vault”はプロトコルやサービスに依存しないため、書き込みが可能なストレージであればどこでも作成が可能。パスワードのかかったフォルダーのように振舞うため、扱いも簡単。作成した“Vault”は「Cryptomator」のモバイルアプリからもアクセスできる。

ソフトウェア情報「Cyberduck」Windows版【著作権者】iterate GmbH【対応OS】Windows 7以降(編集部にてWindows 10で動作確認)【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)【バージョン】6.0.0(17/05/09)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:5/11(木) 11:20

Impress Watch