ここから本文です

東京円、やや円安で推移

朝日新聞デジタル 5/11(木) 10:44配信

 11日の東京外国為替市場の円相場は、やや円安に振れている。午後1時時点の対ドルは、前日午後5時より31銭円安ドル高の1ドル=114円21~22銭。対ユーロは同12銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円17~18銭。

 米国の利上げペースが速まり、日米の金利差が拡大するとの観測が市場で広がったことから、円を売ってドルを買う動きが強まっている。また、仏大統領選後は、欧州の政治不安が和らいだことで安全資産の円を売る傾向が続いている。「トランプ米大統領が現実路線の政策にかじを切り、政権運営への安心感が広がれば、115円台の円安もあり得る」(大手銀行)との見方もある。

朝日新聞社

最終更新:5/11(木) 13:18

朝日新聞デジタル