ここから本文です

マルセロ、2点を先取されるも「逆転を恐れた瞬間なんてない。僕らはレアル・マドリーだから」

GOAL 5/11(木) 7:31配信

レアル・マドリーのDFマルセロは、アトレティコ・マドリー戦に敗れたものの、逆転されることは恐れなかったと主張している。『BeINスポーツ』が報じた。

レアル・マドリーは10日、チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグでアトレティコと対戦。序盤に2点を先制されながら、イスコのアウェーゴールで息を吹き返し、1-2で試合を終えた。この結果により、2戦合計スコア4-2で決勝進出を決め、マルセロは大きな一歩を踏み出すことができたと考えている。

「2点を許したけど、最終的には僕らのほうが優れていた。スコアが動くことは望んでいなかったけど、最初から難しくなることはわかっていたしね」

また、逆転されることを恐れていたかという質問には、「そんな瞬間は一度もない。僕らはレアル・マドリーで、最後まで戦うんだ。もちろん常に相手のことはリスペクトしているけどね」と語った。

なお、ユヴェントスとの決勝は6月3日、カーディフで行われる予定だ。

GOAL

最終更新:5/11(木) 7:31

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合