ここから本文です

京成電鉄、緑や文化との融合をテーマに京成上野駅リニューアル

Impress Watch 5/11(木) 11:56配信

 京成電鉄は5月9日、京成上野駅のリニューアル工事を2017年4月から2019年3月まで行なうと発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 京成上野駅は、京成スカイライナーの発着地点でもあり、1日あたり平均4万6000人が利用する同社を代表するターミナル駅。今後、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、訪日外国人や利用客の増加が見込まれることから、駅のリニューアルを決定した。

 新しい駅構内は、文化・芸術施設が集結する上野公園をモチーフに「緑や文化との融合」をコンセプトとし、「上野の杜」を感じさせる石造りで魅力ある駅空間になる予定という。

 観光客の増加に備え、改札外コンコースに観光案内所を設置、ウォークインタイプの改札カウンターの新設、大きな荷物を持っても通りやすい幅広の自動改札機の増設、改札内男女トイレの全個室の洋便器化と温水洗浄便座の導入、女子トイレのパウダーコーナーの設置などが行なわれるとのこと。さらに店舗区画のリニューアルなども行なっていく予定。

トラベル Watch,編集部:峯岸麻美

最終更新:5/11(木) 11:56

Impress Watch