ここから本文です

神部美咲 セーラー服で「世界一かわいい82手」披露

5/11(木) 19:55配信

東スポWeb

 女優の神部美咲(22)が、21日に開催される「第101回高等学校相撲金沢大会」の大会サポーター「相撲ガールズ」に就任。神部が出演した“世界一かわいい”相撲技解説ムービー「相撲ガールズ82手」が11日、ユーチューブで公開された。

「高等学校相撲金沢大会」は石川県金沢市で毎年5月に開催される高校生の相撲大会。日本高校スポーツ界最古の歴史を持つ同大会は、1915年(大正4年)6月13日に第1回大会が開かれ、今年で101回目を迎える。これを記念して北國新聞社(本社・石川県金沢市)は神部らを大会サポーター「相撲ガールズ」に任命した。

 同社によると、動画は相撲をよりよく知ってもらい、高校生相撲の魅力を多くの人に気づいてもらうために製作。セーラー服姿の神部は押し倒しや一本背負いなど、全82手の相撲の決め技を体を張って実演した。

 神部は「思っていた以上に過酷でした(笑い)」と実演を振り返り「印象に残っているのは三所攻めです! 相手を信頼していないと怖い技だったので大変でした。あと、気に入ったのは、鯖折り(さばおり)ですね! なんだかシュールな技で笑えました」と語った。3日間で全決め技を撮り終えたが「角度や迫力、技の見え方がうまく伝わるように、みんなでアイデアを出しながら何度も何度も挑戦しました!」と明かし、衣装については「セーラー服は相撲がやりずらいことがわかりました」と笑った。

 そして出場者に向けて「この日のために、毎日辛い稽古を乗り越えて調整されてきたことと思います。サボりたい日、悔しい思いをした日、実力がのびたと実感した日など一生懸命頑張ったことを100%出し切れないかもしれないですが、120%出し切るつもりで全力で頑張ってください」とゲキを飛ばした。

 神部は世界4大ミスコンテストの一つ「ミス・アース・ジャパン2015」で特別賞を受賞。モデルだけでなくドラマに出演するなど活動分野を広げ、現在ではフジテレビ系「めざましテレビ」、テレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」にレギュラー出演している。特技は柔道、極真空手で“武闘派”の顔も持つ。

最終更新:5/11(木) 19:55
東スポWeb