ここから本文です

青木、米通算673戦出場 田口抜き日本選手単独3位に

スポニチアネックス 5/11(木) 6:00配信

 ◇インターリーグ アストロズ8―3ブレーブス(2017年5月9日 ヒューストン)

 アストロズ・青木が9日(日本時間10日)のブレーブス戦に「9番・左翼」でフル出場し、メジャー通算673試合出場となり、田口壮(現オリックス2軍監督)を抜き日本選手単独3位となった。6回2死三塁で中前適時打を放ち、日米通算2000安打へはあと14本。節目の試合でチームの2連勝に貢献した。

 「メジャーに来た時は想像もしていなかったけど、まだまだこれからです」。青木には通過点でしかなかった。前には歴代トップをなお走るイチロー(マーリンズ)の2527試合と、松井秀喜氏(現ヤンキースGM特別補佐)の1236試合の2人だけ。昨季は故障ではなく打撃不振で初のマイナー降格を経験した。「代わりはいくらでもいる。結果と出場が隣り合わせだからこそ、出続けることは大変」と出場数の重みは知っている。

 4月25日以来の打点となる適時打でより大きな節目にも近づいた。左腕フリーマンにファウルで粘り8球目のスライダーを逆らわず中前へ。「良いところで打てて打点もついた。この調子でいけたら」と表情は明るかった。 (小林由加通信員)

最終更新:5/11(木) 6:00

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 2:35