ここから本文です

ニューヨークのチョコレート博物館、「甘い歴史」の数々を展示

ロイター 5/11(木) 14:49配信

[10日 ロイター] - 3月に誕生したニューヨーク初のチョコレート博物館「チョコ・ストーリー・ニューヨーク」では、カカオ豆からトリュフチョコレートまで、あらゆる「甘い歴史」を知ることが出来る。

自らの旗艦店の一角にこの博物館をオープンしたのはフランス生まれの有名パティシエでショコラティエのジャック・トレス氏。「チョコレートへの私の愛や知識を分かち合いたかった」とロイターに話す。

トレス氏はトリュフ作りを実演し、液状のチョコを型に流し込み、クリーミーで柔らかいチョコレートガナッシュを中に詰める。

博物館には、チョコレートの起源とされる5000年前のマヤ文明のチョコレートや、発酵したカカオ豆からチョコレートを作るのに使われた道具、口髭を汚さずにホットチョコレートを飲むことができる特別なカップなど様々なものが展示されている。

最終更新:5/11(木) 14:49

ロイター