ここから本文です

【マドリードOP】錦織ストレート勝ち!準々決勝の相手はジョコビッチ

東スポWeb 5/11(木) 21:19配信

【スペイン・マドリード11日発】テニスの「マドリード・オープン」男子シングルス3回戦で世界ランキング8位の錦織圭(27=日清食品)は地元の同30位ダビド・フェレール(35=スペイン)を6―4、6―3のストレートで破り、5年連続の8強入りを果たした。

 前日の初戦後、右手首について「明日の朝とかに痛みが出るパターンが多い」と話していた錦織だが、第1セットは上々の滑り出し。2ブレークを先行後、第6ゲームをブレークバックされたものの、試合の主導権を握る。

 第2セットに入ると小雨が降り始め、第1ゲーム後、試合は中断。屋根が閉じられる。第5ゲーム、錦織はラリー戦でしぶとく粘って反撃。フェレールのダブルフォールトもあり、ラブゲームでブレークする。さらに第9ゲームも奪って、ベテランをネジ伏せた。

 初戦に比べ、右手首を気にするしぐさもなく、順調な回復ぶりを見せた錦織は「体の調子がなんとか持っている。テニスの調子も上がってきている」と笑顔。

 準々決勝は同38位のフェリシアーノ・ロペス(35=スペイン)をストレートで下した同2位ノバク・ジョコビッチ(29=セルビア)と対戦する。

最終更新:5/12(金) 0:09

東スポWeb