ここから本文です

大阪・造幣局で「リカちゃん」貨幣セット発売 キャラクター生誕50周年で /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 5/11(木) 20:02配信

 大阪・造幣局(大阪市北区天満1)で5月9日、「リカちゃん50周年2017プルーフ貨幣セット」の発売を記念し、贈呈式が行われた。(梅田経済新聞)

「リカちゃん50周年2017プルーフ貨幣セット」

 表面に光沢を持たせ、模様を浮き立たせた平成29年銘の「プルーフ貨幣」6枚(500円、100円、50円、10円、5円、1円)と、「リカちゃん」仕様の銀メダル1枚のセット。7枚を特製の革ケースに組み込み、カバーケースに収納する。メダルの表面には初代から4代目までのリカちゃんをカラー印刷し、裏面に「50周年ロゴマーク」を浮き彫りにしている。販売価格は、1万3,371円で、1万5000セットを販売予定。

 贈呈式には、タカラトミー(東京都葛飾区)のH・Gメイ社長、実写版のリカちゃん、造幣局の百嶋計理事長、同局のマスコットキャラクター「コインくん」が出席。百嶋理事長から、H・Gメイ社長へ同商品が贈呈された。

 「6歳のころからコインコレクターだった」という同社長は「国を代表するコインに選んでもらえたことは大変光栄だ。50年たった今でも『永遠』の存在であるリカちゃんが、コインとなることでより永遠に残るものとなる」と話した。

 同局製品開発室の北野亜依さんは「記念硬貨などは、年配の方が好まれる傾向があったが、今回は若い方でも親しみやすいデザインにした。祖父母が孫に贈ることも想定している」と話す。

 申込期間は4月29日~5月30日。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/12(金) 11:24

みんなの経済新聞ネットワーク