ここから本文です

長野県でITやってみる人の“おためし移住”参加者募集、10市町村で住居やオフィスを6カ月間サポート

Impress Watch 5/11(木) 13:11配信

 長野県は10日、IT人材の誘致を図るプロジェクト「おためしナガノ2017」の参加者募集を開始した。地方での事業や拠点設置を考えている首都圏などのIT関連の企業・個人・グループを対象に、同県内に住んで仕事をする“おためし”の機会を提供する。募集数は12組(1組3人まで)で、募集期間は6月26日まで。

【この記事に関する別の画像を見る】

 対象は、長野県でIT関連事業を自ら行いたい人、地方への拠点設置を検討しているIT企業など。年齢は20歳~おおむね45歳。経歴や期間中に行う事業の計画書などに基づく書類選考・面談により参加者を決定する。

 参加者には、県保有の一戸建て住宅を原則無償で提供するほか、オフィスとして使用するコワーキングスペースの利用料、移転費・交通費などを補助する。補助金は、1人あたり上限30万円(参加者総数が25人以上の場合は24万円)。

 おためし場所は、千曲川バレー(北陸新幹線沿線)の飯山市・長野市・上田市・東御市・立科町・小諸市・佐久市、松本平エリアの塩尻市、伊那谷エリアの伊那市、木曽谷エリアの王滝村の10市町村の中から、参加者の希望により決定する。実施期間は、2017年9月~2018年3月中旬の最長約6カ月間。

 実施期間中ずっと長野に住む必要はなく、本来の事業地と行き来しながらでも構わないとしている。長野県では、おためし移住・拠点設置を通じて本格的な居住・拠点設置を検討してもらい、同県内へのIT人材誘致に繋がることを期待していているという。

 なお、募集にあたって東京で5月21日に、名古屋で6月9日に説明会を開催。希望により、随時、現地見学会も開催する。

INTERNET Watch,永沢 茂

最終更新:5/11(木) 13:11

Impress Watch