ここから本文です

運転免許証などに「第3の性」、オレゴン州が米国初のケースに

ロイター 5/11(木) 15:55配信

[ポートランド(米オレゴン州) 10日 ロイター] - 米オレゴン州は、運転免許証と州の身分証明書で男性でも女性でもない「第3の性別」を選択できるよう作業を進めている。実現すれば、全米初のケースとなる。

昨年6月、同州マルトノマ郡の裁判所が、2013年に女性から性別変更した退役軍人ジェイミー・シュープさんの「第3の性」への変更願いを受理すると判断。この分野としては全米初の判断となった。

これを受け、州の自動車関連の管理部門は性別関連法を精査、「第3の性」の選択肢を州のコンピューターシステムに導入する方法を検討したと述べた。

7月中に免許証と身分証明書で第3の性の選択が可能になる見通しで、これを選択すると性別欄に「X」と表示されるという。

最終更新:5/11(木) 15:55

ロイター