ここから本文です

大韓航空、1分期営業利益前年比40.8%減

WoW!Korea 5/11(木) 17:25配信

大韓航空が今年1分期、原油価格上昇と北朝鮮のミサイル発射実験などによる観光需要減少で低調な実績を記録した。

 大韓航空は1分期実績を集計した結果、売上高2兆8660億ウォン(約2900億円)、営業利益1915億円を記録したと10日、明らかにした。売上高は前年同期2兆8670億ウォンからやや縮小した。営業利益は昨年1分期3233億ウォンから40.8%減少した。

 営業利益の減少は国際原油価格の上昇で費用負担が大幅に増えた影響と解釈される。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射やトランプ米国大統領の強硬発言などが重なり、朝鮮半島の緊張が高まったのも悪材料として作用した。

 また、中国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)報復も実績にある程度影響を及ぼしたものとみられる。THAAD配置に反発した中国は今年3月15日、韓国への旅行禁止令を下した。

最終更新:5/11(木) 17:25

WoW!Korea