ここから本文です

2019年ラグビーW杯 日本、アイルランドなど同組 組み合わせ決まる

産経新聞 5/11(木) 7:55配信

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の組み合わせ抽選会が10日、京都市の京都迎賓館で行われ、初の8強入りを狙う世界ランキング11位の日本は1次リーグで同4位のアイルランド、同5位のスコットランドなどと同じA組に入った。欧州予選勝者、欧州・オセアニア・プレーオフの勝者も同組となった。 

 W杯3連覇を狙うニュージーランドはB組、前回大会で日本に歴史的3勝をもたらしたエディー・ジョーンズ氏が監督として率いるイングランドはフランス、アルゼンチンなど強豪ぞろいのC組。19年W杯は初めてアジアで開催。抽選会が英国とアイルランド以外で開かれるのも今回が初めてで、プレゼンターは安倍晋三首相、レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里(至学館大職)らが務めた。

 大会は19年9月20日に開幕し、決勝は11月2日、横浜市の日産スタジアムで行われる。

最終更新:5/11(木) 8:09

産経新聞