ここから本文です

【オリックス】吉田正、実戦復帰でいきなり初球ホームラン!

スポーツ報知 5/11(木) 6:33配信

◆ウエスタン・リーグ オリックス8―2広島 (10日・舞洲サブ)

 急性筋性腰痛で離脱していたオリックス・吉田正尚外野手(23)が10日、ウエスタン・リーグの広島戦(舞洲サブ)で実戦復帰し、いきなり本塁打を放った。「2番・左翼」で先発出場。初回、長井の初球の直球をフルスイングで左中間席へ運んだ。6回には左前打を放ち、3打数2安打2打点。「打席に入ったら強くは振れている」と手応えを感じ取った。

 新人だった昨年は腰椎椎間板症で約4か月間、離脱した。「正直、怖さはある。中途半端な形で(1軍に)上がりたくない」と慎重さを崩さなかった。11日の同カードも出場し、腰を含めたコンディションに問題がなければ、12日の西武戦(ほっと神戸)から1軍昇格する予定。映像で確認した福良監督は「ひと安心ですね」と笑顔を見せた。

最終更新:5/24(水) 15:07

スポーツ報知