ここから本文です

フット後藤驚がく「『ブンバ・ボーン!』知らんの!?」 “だいすけロス”も熱く語る

スポニチアネックス 5/11(木) 15:08配信

 お笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基(42)が11日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。NHK・Eテレの子ども向け長寿番組「おかあさんといっしょ」や出演する“うたのお兄さん”の人気を熱弁する一幕があった。

 この日の放送では「おかあさんといっしょ」で9年間“うたのお兄さん”を務めてきた横山だいすけ(33)が4月1日に同番組を卒業したことで巻き起こった“だいすけロス”を特集した。

 息子が「もうすぐ2歳」という後藤は「(子どもは)みんないろんな育ち方します。あれがハマったり、これがハマったりしますけど、『いないいないばあっ!』(NHK・Eテレの乳幼児向け教養番組)と『おかあさんといっしょ』は共通言語ですよ」とその人気を説明。「みんな趣味は違うけど『ブンバ・ボーン!』は知ってるみたいなね」と「おかあさんと…」の体操の曲「ブンバ・ボーン!」を引き合いに熱弁をふるった。

 共演者の一部からは「え~?」という声が上がると、後藤は「逆に聞くけど『ブンバ・ボーン!』知らんの!?」と驚がく。5人の子を持つ薬丸裕英(51)は曲の一節を口ずさんだ。

 だいすけお兄さんの卒業で、子どもを持つ視聴者の間では「一緒に子供を育ててきたのに…」と“だいすけロス”が広がった。これに再び共演者から“そこまで?”と疑問の声が上がったが、後藤は「これほんまに多いんですって。お父さんは仕事で全然子供と遊んでくれない。でもお兄さんたちが子どもを育ててくれたっていう考えがすごいあるんですって!」と母親たちの心境を代弁。また、同番組が行うコンサートイベントについても「チケット取れないですよ!大人気で」とかなりの熱量で伝え、競争率の高さを強調した。

最終更新:5/12(金) 1:31

スポニチアネックス