ここから本文です

活動再開の川谷絵音 フジ配信ドラマで音楽担当

5/11(木) 16:49配信

デイリースポーツ

 10日に活動を再開した「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音が11日、ツイッターを更新し、6月にフジテレビ動画配信サービスFOD(以下FOD)で配信されるドラマ「ぼくは麻理のなか」の劇中音楽を担当すると発表した。同ドラマのオープニングテーマも川谷が所属する別バンドindigo la Endの「鐘泣く命」になったことも分かった。

【写真】川谷 不倫ぶっちゃけた

 川谷は10日に発売が延期されていた新アルバム「達磨林檎」をリリースし、都内で復活ライブを敢行。完全復帰を果たしたばかりだが、今度はドラマの音楽も手掛けることとなった。

 ツイッターには「ドラマ『ぼくは麻理のなか』の劇中音楽をわたくし、川谷絵音が担当することになりました。ソロアー写も公開しました」とつぶやき、ソロ写真をアップした。

 フジテレビのホームページによると、同ドラマは6月6日からFODで隔週火曜日0時に配信。池田エライザが主演し吉沢亮、中村ゆりかが共演する。オープニングテーマはindigo la Endの「鐘泣く命」に決定し、「劇中の音楽も川谷絵音が担当いたします」と発表されている。

 川谷は昨年、当時未成年だったタレント・ほのかりんとの飲酒デートが報じられ、昨年末から活動を休止。リリース予定だったアルバムも発売延期となっていたが、10日に約5カ月ぶりに活動を再開し、都内でライブを敢行。新アルバムもリリースされた。また7日には同局の「ワイドナショー」に出演し、ベッキーとの不倫騒動などを振り返っていた。