ここから本文です

保護者説明会で転園募集=「森友」保育園問題―大阪市

時事通信 5/11(木) 20:31配信

 学校法人「森友学園」(大阪市)系列の保育園で保育士が不足している問題で、大阪市は11日夜、保護者を対象とした説明会を開き、近隣の転園先と受け入れ枠を提示、希望者を募った。

 42人の園児に対し、7カ所で計91人の受け入れ枠を用意。6月5日まで受け付け、7月1日までに入園できるよう調整する。

 市は児童福祉法に基づく改善命令への報告期限だった10日、保育園の運営に必要な数の保育士が依然として確保できていないことを確認。これを受け吉村洋文市長は11日、市の児童福祉審議会の意見を聞いた上で、同法に基づく事業停止命令を7月1日に出す方針を明らかにした。

 吉村市長は、市役所で記者団に「保育士がいないのはあり得ない。事業停止命令が出れば、認可取り消しもあり得る」と語った。 

最終更新:5/11(木) 21:36

時事通信