ここから本文です

草刈正雄 家では何もしない亭主関白 妻「動くのはビールを取りに行くとき」

デイリースポーツ 5/11(木) 18:51配信

 昨年、NHK大河ドラマ「真田丸」で再ブレークした俳優の草刈正雄(64)が、11日放送のNHK総合「ごごナマ」に生出演し、仰天の亭主関白ぶりを明かした。

【写真】橋本マナミ 草刈正雄にお願い「脱いで」

 番組では30年間変わらないという和朝食の写真を紹介。左利きの草刈のために妻がおわんや箸の配置を変えていることを司会の阿部渉アナウンサーに指摘された草刈は「今日初めて気がつきました。『気ぃ使っていただいてんだ』と思いました」と、30年目の真実にビックリだ。

 さらに、妻が番組宛てのメッセージで、妻がいつもと違う店で魚を買うと「『いつものシャケと違う!味がいまいち』と小言を言ってくるんです。自分では買いに行かないのに」と暴露。「30年間変わらず亭主関白な夫で、たまに面倒くさくなります」と斬られた草刈は「シャケの味だとか、アジの開きとか、味が微妙に違うんですよ」と防戦一方だ。

 また、草刈は朝食を自室で食べるが、妻が運んで下げるといい、妻は「家ではほとんど動きません。動くのはビールを取りに来る時くらいです」と追い打ちをかけた。

 草刈は「そう(亭主関白だと)いわれるとそうだねって思いますね。エッヘッヘッヘ」と笑ってごまかし、九州男児だけに「お袋からのしつけがそうだったのかもしれませんね」と言い訳した。

 妻を手伝う気持ちも「それがねえ…なかなか湧いてこないんですよね」と苦笑した草刈だが、掃除に関しては「僕の部屋は僕がします」と強調。玄関も「半年に1~2回」程度は、自分でも掃除するという。

 「家ではほとんど動かない」という指摘は「仕事やってないとうちから出ませんね」「ソファー座ったらほとんど動かないですね。テレビぱらぱらーっと見てたりとか、とにかく動かない」と認めた。夏場、窓から直射日光が差し込んで暑くても、動きたくないばかりに顔が半分だけ日焼けしたこともあるという。

最終更新:5/11(木) 18:53

デイリースポーツ