ここから本文です

3位の重永亜斗夢「気持ちいい 久しぶり」

スポニチアネックス 5/11(木) 18:52配信

 ◇日本プロ選手権日清カップ第1R(2017年5月11日 沖縄県名護市 かねひで喜瀬CC)

 67をマークし、3位の重永亜斗夢(ホームテック)は「気持ちいい。久しぶり」と会心の笑みを見せた。236ヤードの3番パー3はUTで右4メートルにつけてバーディー先行。5番パー5は3メートルのパットを決めて伸ばした。9番で3メートル、10番は1・5メートル、11番は5メートルを沈めて3連続バーディー。最終18番は2メートルを入れて6つ目のバーディーを奪った。

 今季5戦目。過去4戦はいずれも初日にボギーやダブルボギーが先行しオーバーパーでつまずいた。「今まで初日が悪くて。今日はバーディー発進したので久しぶりにアンダーパーで良かった。風の強く、みんなそんなに伸びないと思うし、いいゴルフができたと思う」と満足げだった。

 前戦の中日クラウンズまでピン型のエースパターを使用していたが、今週から2ボールのマレット型に変更した。「2ボールにしたらドハマリした。2ボールはヘッドが利いて走ってくれるし芯も広い」。この日のグリーンはスティンプメーター10フィートとスピードが遅め。慣性モーメントの高いパターで、ラインを浅めに読んで強めにヒットしてカップに沈めた。「ロングパットの距離感も良かった。パットが入ったからこのスコアになったと思う」と胸を張った。

最終更新:5/11(木) 19:07

スポニチアネックス