ここから本文です

徹子が秘話…堀ちえみ3回目の結婚は「私の権利を差し上げたんです」

スポーツ報知 5/11(木) 13:38配信

 タレントの堀ちえみ(50)が、11日に放送されたテレビ朝日系トーク番組「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演。デビューから5年のアイドル絶頂期に一時引退し、その後3回の結婚と2度の離婚を経験、7人の子ともを育てるという波乱万丈の人生を送ってきたなかで、3度目の結婚がMCの黒柳徹子(83)の「おかげ」であることを明かした。

 2度の離婚後、3度目の結婚に消極的だった堀。その時のことを徹子は「相手の方に2人子どもがいらしたのね。でもその時、あなたは相手の方がすごくいい人なんですっておっしゃったのね。だから『もう結婚しちゃいなさいよ』ってね」と振り返った。

 堀も「私が結婚は懲りたんでもういいんですって言ったら、徹子さんが『みんな平等に結婚の権利を与えられてるとしたら、私はまだ一度も使ってないから、その権利をあなたにあげるから結婚しなさい』って」と当時のやりとりを再現。「だから私、いまだに結婚してないの。あなたにあげちゃったから」と手で顔を覆いながら笑う徹子。堀は続けて「背中を押されるような気持ちで。それがと~っても幸せな結婚の権利で、もう本当に徹子さんのおかげです」と笑顔いっぱいで感謝した。

 徹子は「芸能界いろんな噂ありますけど、堀ちえみさん3回目の結婚は私が押したんだってことは出てないんですいろんなとこに。覚えといてくださいね、私の権利を差し上げたんです」とカメラに向かって強調していた。

 また、堀は持病のリウマチや神経障害性疼痛を治療中であることに加え、難病の「右大たい骨骨頭壊死」にかかり人工股関節を入れる手術をしたことも語った。病気について堀は3月28日に自身のブログで告白したが、同20日にデビュー35周年記念ライブを終えたことから、正式に発表したのだという。ピリピリと電気が走るような痛みがある神経障害性疼痛の苦しみや、医学の進歩で薬を飲むことで元気に生活できていることなどを語り、「痛みがある方は早めに病院に行ってください」と呼びかけた。

最終更新:5/11(木) 13:38

スポーツ報知