ここから本文です

錦織、元世界3位撃破で8強入り「フォア使って主導権を握れた」

スポニチアネックス 5/11(木) 21:24配信

 ◇男子テニス マドリードオープン 錦織2―0フェレール(2017年5月11日 スペイン・マドリード)

【写真】稲葉浩志と対談した錦織圭

 テニスのマドリード・オープンは11日、スペイン・マドリードで行われ、男子シングルス3回戦で世界ランキング8位の錦織圭(27=日清食品)が世界30位のダビド・フェレール(35=スペイン)と対戦。6―4、6―3でストレート勝ちを収め、ベスト8進出を決めた。

 「出だしから攻めていかないと勝てない相手だった」と元世界3位・フェレールとの対戦を振り返った錦織。「フォアを使って主導権を握ることができた」と試合内容に満足そうな様子だった。

 準々決勝では世界ランク2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と同38位フェリシアーノ・ロペス(スペイン)の勝者と対戦する。痛めていた右手首の状態が気がかりではあるが、「テニスの調子も上がっているので、体調に気を付けて次の試合も頑張りたい」と次戦を見据えた。

最終更新:5/12(金) 4:42

スポニチアネックス