ここから本文です

<プロ野球>ソフトバンクの川崎 日米通算1500安打

毎日新聞 5/11(木) 23:52配信

 ○ソフトバンク7-0オリックス●(11日、ヤフオクドーム)

 初安打から15年の歳月をかけ、また一つ勲章を手にした。ソフトバンクの川崎が三回、この日2本目の安打を放ち日米通算1500安打を達成。最初は高く手を上げて喜んだがすぐに「ジャパニーズスタイルを思い出した」と深いお辞儀に切り替え、歓声に応えた。

 定位置となった1番で一回から飛ばした。初球を捉えて相手の出はなをくじく左翼線二塁打。復帰後初となる長打で勢いに乗ると、三回にもファーストストライクの直球を、逆らわずに中前にはじいた。「記録の事は知らなかったが、積極的にいったのが良い結果につながった。スペシャルな日になった」。2002年6月の初安打から、日本で1350安打、メジャーで150安打を積み上げた。

 6年ぶりに古巣に復帰した今季は4月28日に1軍に合流。仲間にかけた「Have fun(たのしもう)」の言葉を自らも体現している。ベンチでは凡退後でもハイタッチ。守備の時も常に投手に声をかけ続ける。数字以外での計り知れない貢献に工藤監督も「良い雰囲気を作ってくれている」と感謝する。

 五回にも左前打を放ち3安打の固め打ち。節目の記録にも「まずは楽しむこと。明日ケガするかもしれないし、その日をすっきりプレーして終わらせたい」と自らの流儀はぶれない。1軍合流後の成績は10勝2敗。「川崎イズム」はチームに追い風となっている。【角田直哉】

最終更新:5/12(金) 0:01

毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 7:50