ここから本文です

岩井志麻子氏、昭和のぎょう虫検査は「人権侵害」…フィルムに包んできた奴もいた!?

スポーツ報知 5/11(木) 19:20配信

 11日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)作家の平山夢明氏(55)がゲスト出演、作家の岩井志麻子氏(52)と寄生虫についてトークを繰り広げた。

 最近、話題となっている魚介類に寄生する「アニサキス」の被害について平山氏は「ものすごい激痛なんですよ、胃壁を内側から食い破る虫型のピラニアをのみこんでいる状態になるんです」と話した。

 岩井は過去に受けた寄生虫検査(ぎょう虫検査)に言及、現在は行われていないフィルム型の検査方法は「人権侵害」だったと話した。岩井の通っていた小学校では校内放送で「何年何組の誰々さんと誰々さんは再検査です、実名で呼ばれたんですよ」報告した。

 平山氏はぎょう虫検査がフィルム型の検査に変わった時、「お尻に張ればいいのに分からず、(便を)包んできた奴がいた」と話しスタジオは大爆笑となった。

最終更新:5/11(木) 19:20

スポーツ報知