ここから本文です

【ヤクルト】山田、6回までに4安打!今季34試合目で初猛打賞

スポーツ報知 5/11(木) 20:25配信

◆ヤクルト―広島(11日・神宮)

 ヤクルトの山田哲人内野手(24)が、11日の広島戦(神宮)で、第1打席から3打席連続安打を放ち、今季34試合目にして初の猛打賞をマークした。

【写真】6日には2試合連続弾

 初回の第1打席ではフォークを左前に、3回の第2打席では内角直球を巧みにさばいて右前に運んだ。そして4回2死一、三塁で迎えた第3打席ではスライダーを鋭いライナーで左前に弾き返した。

 「スライダーは頭になかったボールでしたが、流れに乗って打つことができました」と、リードを広げる一打に笑顔の山田。さらに6回の第4打席も左前に適時打を放ち、2015年8月22日の中日戦(神宮)以来の1試合4安打。3、4月は打率1割9分1厘とまさかの不調だったトリプルスリー男が、いよいよ本領発揮だ。

最終更新:5/11(木) 21:17

スポーツ報知