ここから本文です

【横浜M】学主将が区役所表敬訪問…神奈川ダービーで「一緒に喜べるように」

スポーツ報知 5/11(木) 22:45配信

 横浜Mの主将・MF斎藤学(27)が11日、横浜市内の港北区役所を表敬訪問し、職員用にレプリカユニホーム約600枚を手渡した。

 来月4日に行われる“神奈川ダービー”川崎戦(日産ス)に向けたもの。同戦では選手が特別ユニホームを着用し、この日手渡されたユニホームが「レプリカユニホーム付きチケット」として販売される。

 昨年の同戦はユニ付きチケット効果もあり、シーズン最多の46413人が詰めかけたが、0―2で敗戦。だが今季は39284人が集まった浦和との開幕戦で逆転勝利を収め、先月の磐田戦でも38803人に勝利を届けるなど、2度の“大入り試合”で白星を飾っている。

 斎藤は「去年のフロンターレ戦は負けてしまったので、今年は一緒に喜べるようにしたい。地域の方々の応援が力になる」と話し、「できるだけ多くの方に応援に来てもらいたい。スタジアムに来てもらえるきっかけとしてこういう活動も地道に続けていきたい」と続けた。

最終更新:5/11(木) 22:45

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合