ここから本文です

ジミー大西が、骨折の間寛平の代役に「仕事をいただけ、ありがたい」

スポーツ報知 5/12(金) 5:04配信

 お笑いタレントのジミー大西(53)が6月24日放送のカンテレのトークバラエティー「おかべろ」(土曜・後2時24分、関西ローカル)に、骨折で入院中の間寛平(67)に代わり“助っ人”として出演することになった。

 ジミーが参加したのは、同番組内の「秘伝ハンター 隠し味を探し出せ!」のコーナー。いつもは村上ショージ(61)と寛平が、「秘伝ハンター」として店自慢の一品に入っている隠し味を当てる名物ロケだ。

 ロケは今月上旬に行われ、3本分撮影された。寛平が着ている真っ白なスーツで登場し、3本目には息もぴったり。ただ、天然ボケの連発で、ディレクターからダメ出しされる場面も。さすがのショージも終始タジタジで、自分のボケを無視して料理を食べ続けるジミーにしびれを切らし、「食べてばっかりいないで、(ボケの)フォローをしろよ!」と、ツッコミを入れるほどだった。

 寛平は4月末に配信番組の撮影中に木から落ちて鎖骨と肋骨を折り療養中。11日の自身のツイッターでは「運動をせずに寝てばっかりしてたらお尻がヘチマのようにたれて来てる、早く退院して頑張ろう」となどと投稿している。

 ジミーは「寛平兄さんの助っ人で仕事をいただけ、ありがたい!」とコメント。ロケ後には、2人で寛平を見舞い、収録内容を報告したという。ショージによると寛平は「元気そうだった」とのことで、「『秘伝ハンター』は、(寛平)兄さんじゃないとダメかと思っていましたが、意外とジミーでもいけました(笑) でも、やっぱり寛平兄さんが恋しいので、早く元気になって戻ってきてください」と早期回復を願った。ジミー大西の出演分は6月24日から3週にわたって放送する。

 また、13日放送分では、山田邦子が登場。バブル時代の月収を暴露し、司会の岡村隆史(46)とロンドンブーツ1号2号の亮(45)は驚がくする。

最終更新:5/12(金) 5:10

スポーツ報知