ここから本文です

映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』 西田尚美、佐藤二朗、東京03・角田が出演

5/11(木) 12:00配信

オリコン

 早見和真氏の同名小説を映画化する『ポンチョに夜明けの風はらませて』(10月公開)の新たなキャストが11日、発表された。太賀、中村蒼、矢本悠馬演じる高校生3人の行く宛もない高校最後の旅を描く作品。太賀扮する主人公の母親を西田尚美が演じるほか、佐藤二朗、お笑いトリオ・東京03の角田晃広が共演する。

【写真】ラジオのパーソナリティーを演じる東京03・角田晃広

 将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた男子高校生の又八(太賀)、ジン(中村)、ジャンボ(矢本)。卒業を間近に控えた今、ジンは一流大学への受験を決意し、ジャンボは父親のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい。そんな思いを胸に、又八はジン、ジャンボを連れて旅に出る。

 監督を務めるのは、2009年に制作した『世界グッドモーニング!!』が10年に『ぴあフィルムフェスティバル』審査員特別賞を受賞した廣原暁氏。又八らの旅の戻りを待っている中田役で染谷将太、旅の道中で出会うグラビアアイドル・愛役で佐津川愛美、風俗嬢マリア役で阿部純子が出演する。

 西田演じる尚美は、昭和の雰囲気漂うスナック「ゴールデン・アイランド」を1人で切り盛りしている自由奔放なママ。スナックの常連客で、ジャンボの父親・八兵衛を佐藤、角田は旅の途中途中で車内に流れるラジオのパーソナリティー・DJジャミラを演じる。

 佐藤は、太賀をはじめとして若手俳優たちが集まる作品に「力がほとばしるような作品で、そんな作品にちょっとでもお力添えできたらなと思って参加しました」とコメント。「監督含めて若い才能の人たちと一緒に仕事をやるのは非常に刺激になるし、とても楽しかったです」と満喫した様子で、西田も「若者たちがハチャメチャに生きている、まさに青春そのもののお話に参加させていただけて、とても光栄に思っています」と話している。

最終更新:5/11(木) 12:00
オリコン