ここから本文です

EXO・カイ、日本ドラマ初主演作がクランクアップ「全力で臨んだ」

5/11(木) 18:00配信

オリコン

 韓国出身の男性グループ・EXOのメンバー、カイが日本のドラマに初主演するWOWOW『連続ドラマW 春が来た』のクランクアップを迎えた。初の日本でのドラマ出演にして主演、日本語での演技、初対面の日本の共演者、スタッフとの撮影や初の長期間に及ぶ日本滞在、同時期にはグループとしての公演を海外で行う過密スケジュールを乗り越えたカイは河合勇人監督から白い花で作られた花束を受け取ると、「本当に寂しい。寂しいです」と、
日本語で名残惜しさを表し「また明日もここに来たい」と感無量の表情であいさつした。

【別カット】カイ(EXO)と監督が笑顔で2ショット

 同ドラマは日本を代表する脚本家、向田邦子さんが“家族の再生”という普遍的なテーマを描いた同名短編小説(文春文庫『隣りの女』所収)をもとに、現代を舞台にしてオリジナルストーリーを加筆、再構成して連続ドラマ化。デパートの下着売り場に勤める地味で冴えない独身の岸川直子(倉科カナ)がひょんなことから、ひとりの韓国人カメラマン、イ・ジウォン(カイ)と出会う。その日をきっかけにジウォンの存在は直子とその家族を少しずつ変えていく…。

 寸暇を惜しんで勉強をした甲斐もあって、日本語もどんどん上達。現場では日本語でスタッフや共演者とコミュニケーションをとるなど積極的に“主演”としての姿勢をみせていった。韓国の最南端にあるリゾート地、済州島の撮影でクランクアップし、次々とスタッフから声をかけられながら、自分からも一人ひとりのスタッフのもとへ向かい「ありがとうございました」と感謝の想いを伝えて回った。

 カイは撮影を振り返り「とても楽しかったですし、本当に充実した時を過ごすことができました。共演者の方々、そして全てのスタッフの皆さん、今までのロケ地、風景、全てが僕の思い出として残りそうです」としみじみ。「日本で初のドラマでありながら主演を演じさせていただき、自分には特別な時間でしたし、全力で臨んだ自分の真っ直ぐな気持ちを、ドラマを通して皆さんに伝えたいです」と力を込めた。

 そんな全力投球をみせたカイに「はじめはタカをくくっていた」という河合勇人監督。「撮影が終わったいま、心にぽっかり穴が空いてしまった激しいカイくんロスに悩まされている」と告白。「結論から申しあげるとカイくんは怪物であった。世界のスーパースターとはこれ程のものかと打ちのめされた。とりわけ本質への真っ直ぐなアプローチから役を自分のものにしていく役作りには舌を巻いた」と絶賛している。

最終更新:5/18(木) 21:02
オリコン