ここから本文です

来年県内で全国植樹祭開催 6月11日伊達で1年前イベント

福島民報 5/11(木) 10:36配信

 平成30年に福島県南相馬市で開かれる全国植樹祭の県実行委員会は6月11日午前9時30分から、伊達市霊山町の霊山こどもの村で「大会1年前記念イベント」を催す。記念植樹や木工工作体験、太鼓演奏などを繰り広げ、植樹祭の開催機運を高める。入場無料。
 実行委員会、県、伊達市、南相馬市、県森林・林業・緑化協会の主催。当日は午前9時30分から伊達市の霊山太鼓保存会が「霊山太鼓」、南相馬市の相馬農高の生徒が「相馬流山踊り」を披露する。ミス日本コンテスト2017で「みどりの女神」に選ばれた須賀川市生まれの野中葵さんがトークショーを繰り広げる。
 午前10時から式典を行い、内堀雅雄知事らがあいさつする。29年の全国植樹祭開催地・富山県から受け継いだ木製地球儀を披露し、出席者が三春町の滝桜の苗木を記念植樹する。緑の少年団員の表彰や活動発表も行う。午前10時30分から午後3時まで体験・展示コーナーを設ける。木製のキーホルダーの工作、チェーンソーアートなどが楽しめる。参加者全員に苗木を贈り、鍋料理を振る舞う。芸人の厚切りジェイソンさんのお笑いステージもある。
 参加希望者は代表者の氏名、性別、年齢、住所、連絡先、人数を記して実行委員会にファクスかメール、郵送で申し込む。締め切りは24日(当日消印有効)。問い合わせは実行委員会事務局 電話024(521)8628へ。

福島民報社

最終更新:5/11(木) 11:56

福島民報