ここから本文です

TOKIO松岡、2人芝居に奮闘「身体の節々が痛い」

5/12(金) 17:04配信

オリコン

 人気グループ・TOKIOの松岡昌宏が12日、東京・紀伊國屋ホールで舞台『ダニーと紺碧の海』のゲネプロを行った。同作が4年ぶりの舞台主演、さらに土井ケイトとの2人芝居に挑む松岡は「しゃべりっぱなしで夫婦漫才みたい」と苦労を吐露。「身体の節々にきますね」と疲れをにじませた。

【写真】演出家・藤田俊太郎も出席した囲み取材の模様

 ジョン・パトリック・シャンリィによって1983年に書かれた同作は、大都会の片隅で生きる男女2人を描く会話劇。社会での生きづらさから、有り余るエネルギーをどこで発散したらいいかわからず、暴発気味の男と、壊れた家庭環境のなかで疲れてしまった女が出会い、引かれ合う。演出は、蜷川幸雄さんの演出助手を務めてきた藤田俊太郎氏が担当する。

 ゲネプロ後の囲み取材で「身体に結構くる」と話した松岡は「そんなに動いている芝居じゃない気がしますが、怒鳴ったり力が入っているので、節々にきますね。観ていただく方も節々には気をつけて」と呼びかけた。

 TOKIOのメンバーの来場には「忙しいんじゃないですかね。一人は今すごくバタバタしていて、一人は帯(番組)やっていますし、一人は死んでいるか起きているかわからないですし…別に誰とは言っていないですけれど」と笑っていた。

 演出を務める藤田氏は「蜷川さんは大尊敬していますが、僕は灰皿や怒号は飛ばさず、愛情だけ飛ばしました。この2人は優秀」とコメント。蜷川さんが亡くなって1年を迎えたこの日、「蜷川さんのことは毎日思っています。蜷川さんに観てほしいっていう気持ちで作ってきて、これだけいい作品になったので観てくれていると思う」と話した。

 同所にて5月13日~21日、兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて27・28日上演。

最終更新:5/12(金) 17:23
オリコン