ここから本文です

『2017年度ミス湘南コンテスト』グランプリは江藤菜摘さん「胸がずっと熱いです」

デビュー 5/11(木) 21:07配信

 設立34年のアマチュア写真団体「湘南女性写真研究会」が主催する『2017年度ミス湘南コンテスト』が4月29日に行なわれ、200名を超える応募者の中から、グランプリに選ばれたのは、東京都出身の24歳、江藤菜摘(えとう・なつみ)さん。江藤さんは「ミス湘南のメンバー達と、カメラマンさん達の力を合わせ、和気あいあいと、最高の作品を作っていきたいです」と意気込みを語った。

【写真】『2017年度ミス湘南コンテスト』授賞式の模様。水着姿で登壇した合格者たち

 湘南女性写真研究会は設立後34年のアマチュア写真団体。毎年『ミス湘南コンテスト』を開催し、会の撮影会モデルを発掘している。今回はオーディションサイト「デビュー」などから200名を超える応募が集まり、最終審査には30名が進出。コンテスト当日は五月晴れに恵まれ、ファイナリスト30名が出演する午前中の撮影会には約400名のカメラマンが参加した。撮影会参加のカメラマンによる投票、ミス湘南グランプリのOGを中心とした審査員による面接、午後のステージ審査を経て、15名の2017年度ミス湘南が選出された。

 今年グランプリを獲得したのは、東京都出身の江藤菜摘さん。モデルとしても活動し、海、マリンスポーツ、フラダンス、動物が好きという24歳だ。江藤さんは受賞後の感想で「まだまだ興奮冷めやらず、胸がずっと熱いです。こんなに光栄なことは今までの人生においてありません」と興奮気味に語り、「自分に自信が持てたと同時に、期待に応えなきゃ!というプレッシャーも感じつつありますが、会員の皆様、OGの皆様、そして、一緒にこれから一年間、切磋琢磨して頑張っていくミス湘南のメンバー達が優しく、温かい言葉をかけてくれたり、サポートをしてくださるので、とても心強いと感じました」と受賞の実感を噛み締める。

 そして「今後の不安もたくさんありますが、こんなにいい環境に恵まれた私は幸せだと思い、自分の本領を存分に発揮できる場所だと感じました。撮影会も未経験なので、至らぬ点がたくさんあると思いますが、出来る限り努力をし、研究していきたいと思うので、温かく見守っていただけたら幸いです。ミス湘南のメンバー達と、カメラマンさん達の力を合わせ、和気あいあいと、最高の作品を作っていきたいです。この一年間の抱負は、とにかく楽しく!自分らしさを出すと同時に、新たな自分の一面も発見できれば良いと思います」と今後の意気込みを語った。

 宣材撮影を担当したカメラマンは「第一印象はさわやかで、話していても気持ちがいい子です。こういう子はカメラマンにも好印象なので人気は出ると思います。撮影会の経験はないようですが問題なくやっていけると思います」と太鼓判を押す。

 今回選出された2017年度ミス湘南が出演する「お披露目撮影会」が14日(日)に、「水着大撮影会」が21日(日)に平塚市・湘南海岸で開催。今後合格者は、神奈川県の湘南海岸を中心に開催される撮影会に、水着や浴衣で参加。グランプリと準グランプリは、沖縄で行なわれる特別撮影会に招待される。

■ミス湘南合格者
ミス湘南グランプリ/江藤菜摘 (えとう・なつみ)
ミス湘南準グランプリ/安田華乃 (やすだ・はなの)
ミス湘南ベストフォトジェニック 柘植美咲 (つげ・みさき)
ミス湘南フォトジェニック/白戸ゆり (しらと・ゆり)
ミス湘南フォトジェニック/近藤夏奈 (こんどう・かな)
ミス湘南フォトジェニック/夏野鈴加 (なつの・りんか)
ミス湘南フォトジェニック/MAHO (まほ)
ミス湘南フォトジェニック/足立華 (あだち・はな)
ミス湘南フォトジェニック/みなみなみ
ミス湘南フォトジェニック/カナ ジュリアナ
ミス湘南フォトジェニック/桃乃木まゆ (もものき・まゆ)
ミス湘南フォトジェニック/川島理絵 (かわしま・りえ)
ミス湘南フォトジェニック/朝倉麻里奈 (あさくら・まりな)
ミス湘南フォトジェニック/桑原美帆 (くわはら・みほ)
ミス湘南フォトジェニック/結希ゆきな (ゆづき・ゆきな)

最終更新:5/11(木) 21:52

デビュー