ここから本文です

安倍首相、二階幹事長に習国家主席への親書託す

産経新聞 5/11(木) 20:34配信

 安倍晋三首相は11日、中国を訪問する自民党の二階俊博幹事長と首相官邸で面会し、習近平国家主席に宛てた親書を託した。首相は「日中関係の改善に向け、しっかり党と協力していきたい」と述べた。二階氏は日中首脳による相互訪問の活発化を提案し、首相は「大変良い考えだ」と応じた。二階氏が記者団に明らかにした。

 二階氏は14、15両日に北京で開かれる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」国際協力サミットフォーラム出席のため、12日に出発。滞在中、習氏ら要人との会談も調整している。

 二階氏は緊迫する北朝鮮情勢などについて意見交換し、日中の連携強化を促進したい考えで、記者団に「今後の日中関係が新たな展開をみることができれば大いに結構だ。親書をお預かりした以上は、しっかり届けてくる」と語った。

最終更新:5/11(木) 20:34

産経新聞