ここから本文です

麻生・山東派合流 慣例で離脱中の高村正彦副総裁「私も連れてって…」と笑い誘う

産経新聞 5/11(木) 20:47配信

 自民党の高村正彦副総裁は11日夜、都内のホテルで開かれた山東昭子元参院副議長のパーティーであいさつし、麻生派と山東派が合流して結成する新派閥について「それが本当なら私も連れていってほしい」と述べ、会場を沸かせた。高村氏は山東派所属だが、副総裁としての慣例に従い、形式上は離脱している。

 山東氏が率いる山東派(番町政策研究所、11人)は、麻生太郎副総理兼財務相が会長を務める麻生派(44人)と、谷垣禎一前幹事長が顧問を務める谷垣グループを離脱した佐藤勉衆院議院運営委員長らとともに新派閥を結成する意向だ。

 平成9~24年に高村派として番町政策研究所の会長を務めていた高村氏は「麻生さんと一緒になり、党内第2の派閥をつくることになれば、必ずや山東派は全員一致して行動すると確信している」とも語った。

 また、高村氏は、山東氏が委員長を務める党紀委員会が与謝野馨元官房長官の復党を了承したことに関し「山東先生が自ら動いて『この人を帰したい』と党内全体をあっという間にまとめ、復党を認めた。大変な指導力を発揮された」と持ち上げた。

最終更新:5/11(木) 20:47

産経新聞