ここから本文です

公明、都議選公約に「全面禁煙条例」 「都民」と相互推薦も発表

産経新聞 5/11(木) 22:51配信

 公明党東京都本部は11日、都内で記者会見し、都議選(7月2日投開票)に向けた公約を発表した。屋内を原則的に全面禁煙とし、罰則規定がある「受動喫煙防止条例」の制定のほか、2020年東京五輪・パラリンピックの経費節減へ、大会組織委員会の経費透明化や議会のチェック体制を確立することなどを盛り込んだ。

 豊洲市場移転の判断時期について、東村邦浩幹事長代行は「都議選の争点にしないためにも都議選前が望ましい」と述べた。

 公明と小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」は11日、立候補予定者の相互推薦を発表。公明が公認する23人を同会が推薦し、同会が公認・推薦する19人を公明が推薦した。

最終更新:5/11(木) 22:51

産経新聞