ここから本文です

タイ・パンガン島発祥、日本初<FULLMOOON RAVE 2017>開催決定

5/12(金) 1:39配信

BARKS

タイ・パンガン島を発祥とする日本初開催のイベント<FULLMOOON RAVE 2017>が、6月9日(日)に新木場ageHaにて行われることが発表された。

◆関連画像

同イベントは、6月9日(金)21時より、新木場ageHaのARENA、WATER、Island、BOX、PARKと5つの全てのエリアを使用し開催される。各フロアに各ジャンルのトップDJが集結するとともに、音楽以外でも楽しめるコンテンツが盛りだくさんだという。

満月の夜に開催された伝説の富士TRANCE RAVEから13年── ARENAエリアでは、日本のトランス史上最高CDセールス記録(累計100万枚以上)を持つTRANC RAVEが完全復活。パンガン島のフルムーンパーティで昨年2016年にプレイしたDJ KAYAを筆頭にDJ TORA、DJ UTOなど豪華DJ陣と、今話題のBurlesqueダンサーズが登場する。

WATERエリアでは、本場のパンガン島で存在感を示しているChemical crewのSKAZIがPSYCHEDERIC RAVEに初登場。この日満月を迎える野外ステージにて、さらに全面ブラックライトの演出でリゾート感溢れるプールなど、フルムーンレイブを体感するにはもってこいのエリアとなる。

また、Islandエリアには毎開催1,000人以上を動員した伝説のモンスターイベントmen’s egg nightが帰ってくるというから驚きだ。人気雑誌『egg』のメンズ版としてスタートし、渋谷系ストリートファッションのトレンドを数多く輩出した歴代のモデルたちが大集合する。

そしてBOXエリアでは、“完全パリピ仕様”のNEON RAVEが開催される。24時まではプロのネオンアーティストによる無料ブースが用意されるようだが、自分でペイントしても良し、とにかく目立った者勝ちになりそう。

なおPARKエリアでは、女性限定で24時まで豪華BBQを無料サービスという大盤振る舞い。話題のグランピングをコンセプトに、野外を活かしたキャンプファイヤーやポイパフォーマンスも実施される。火照った身体をチルアウトできる空間だ。

大人が楽しめるエンターテイメントとは何かを追求し、TRANCE RAVE×Burlesque TOKYOが手がける究極のエンターテイメント<FULLMOON RAVE 2017>。これはどうも、本場を凌ぐほどの盛り上がりが期待できそうである。現在、前売りチケットが発売中。5月11日17時からはiFLYERにて、今だけお得なグループ割チケットも発売されている。詳細は、<FULLMOON RAVE 2017>の公式サイトよりぜひチェックして欲しい。

<FULLMOON RAVE 2017>
日程:2017年6月9日(金)
会場:新木場ageHa
チケット料金:当日券¥4,000 前売り券¥3,000
■FULLMOON RAVE 2017公式サイト
https://www.fullmoon-rave.com/

最終更新:5/12(金) 1:39
BARKS