ここから本文です

昔は”3K”だったはず? 大学の看護学部新設ラッシュはなぜか

投信1 5/11(木) 20:20配信

5月12日は「看護の日」

5月12日は「看護の日」です。ご存知でしたか? 

これは、1965年から5月12日が「国際看護の日」に制定されていたのに合わせる形で、1991年に日本独自の形で制定されました。ただ、本当の始まりは、赤十字社がナイチンゲール(1820~1910)の誕生日にちなんで制定したものです。

主旨としては、ナイチンゲールの誕生日に、看護や看護職について考えるということに変わりはありません。

2002年から看護婦と看護士が統一されて「看護師」に

なお、看護職と聞くと“看護婦”をイメージする人も多いと思われます。確かに、2001年までは女性の看護職を「看護婦」、男性の看護職を「看護士」としていましたが、2002年からは男女とも「看護師」に統一されています。

ただ、英語表記は従来通り「nurse」のままです。“ナース”と聞くと、白衣の天使(女性)をイメージしてしまうのは、少し時代遅れなのかもしれません。

そこで、ほとんどの人が1度はお世話になったことがある看護師について、公益社団法人日本看護協会のデータを参照しながら見てみましょう。

看護師数は約154万人、年率+2%弱で増加中。男性も急増中

まず、2015年現在の看護師(准看護師含む、保険師と助産師は除く。以下同)は全国で約154万人います。この看護師数はほぼ一貫して増加しており、直近10年間では年平均+1.8%の増加、人数にすると毎年3万人強の増加です。

特に、男性の看護師の増加が著しく、2004年の54,432人が10年後の2014年には96,845人へと+78%増加しました。しかも、国家資格である看護師に限れば倍増以上に増えています(31,594人が73,968人へ)。

確かに、男性の比率が未だ6%弱であることから、圧倒的な“女性職場”なのですが、男性の進出は着実に増えていると言えます。

女性にとって看護師は人気職業の1つ

さらに、この看護師という職業、結構人気が高いようなのです。まず、急速な高齢化社会の進展に伴う医療業務の増大が続くため、医療現場を支える看護師に対する需要が拡大しています。

また、女性にとっては、結婚・出産後も働き続けられる職業の1つであることも大きな魅力なようです。看護師の資格を取得すれば、活躍のフィールドは将来的にも有望なのでしょう。

1/2ページ

最終更新:5/11(木) 20:20

投信1